2010年9月アーカイブ

筋力トレーニングあれこれ

筋力トレーニングあれこれ

筋力トレーニングあれこれ

自分が持っている筋肉は、人それぞれ、遺伝によって異なります。
周りに目を向けると、うまれながらにいい筋肉を持っているんだなぁと思える人がいたりしますね。

でも、ただ筋肉を持っているだけではどうにもなりません。
筋肉の力、つまり筋力をうまく引き出す回路ができていないと、筋肉はただの肉の塊にすぎません。筋肉を鍛え、筋力を引き出すこと、これが筋力トレーニングです。

 筋力トレーニングの方法によっては、筋肉をあまり大きくしすぎず、必要最低限の筋肉量で強い力を生み出す筋肉を形成することも可能です。

大切なのは筋肉の量ではなく、筋力なのです。

 筋力トレーニングは子供から老人まで男女問わずおこなうことができます。

より強い筋力をつけるために筋力トレーニングをする人もいれば、今ある筋力を維持するために筋力トレーニングをする人もいます。
また、健康な生活のために必要な筋力を備えるために筋力トレーニングをする人もいるでしょう。

 目的が異なれば、筋力トレーニングのメニューも異なります。

 筋力トレーニングの方法は異なりますが、筋力トレーニングには継続と、休息と、栄養が欠かせないという点は誰にも当てはまります。

継続しなければいけないのはいうまでもありませんが、忘れがちなのはしっかりと体を休め、疲れた体を確実に回復させなければいけないということです。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>




筋肉トレーニングで鍛えるもの

筋肉トレーニングで鍛えるもの

筋肉トレーニングで鍛えるもの

鍛えることができる人間の筋肉は、腕や足などの骨格筋です。

これらの筋肉は大きく三種類に分けることができます。

 一般的にジムなどでおこなわれる筋肉トレーニングで鍛えられるのは、速筋とよばれる筋肉です。

速筋は瞬間的に強い力を出すことができる筋肉です。速筋に対して遅筋と呼ばれる筋肉があります。

これはマラソンなどに不可欠な筋肉で、速筋がだすような強い力を出すことができないかわりに、長時間にわたって力を出し続けることができる筋肉です。
最後の一つは速筋と遅筋の中間的な筋肉である中間筋です。

 うまれながらに持っている筋肉の、速筋と遅筋の割合は人によって異なります。
しかし筋肉トレーニングの方法によって、自分が望むような割合に変化させることは可能です。

 筋肉トレーニングを効率よく続けて行うことで筋肉を強くすることができますが、忘れてはいけないのが筋肉をつくるためのたんぱく質の摂取です。

たんぱく質がなければ筋肉と作り出すことができないため、いくらまじめに筋肉トレーニングをしても理想の筋肉を形成することは困難です。
ダイエットのために筋肉トレーニングをおこなっている人が陥りやすい罠なので、気をつけましょう。

 また、筋肉は太くて強ければいいというものでもありません。筋肉が生み出す筋力を上手に引き出すことができなければ、意味がありません。
筋肉トレーニングによって、立派な筋肉をつくり、筋力を使いこなせる体になりましょう。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>




人それぞれの筋トレ

人それぞれの筋トレ

人それぞれの筋トレ

筋肉や筋力を鍛える筋トレは、鍛えたい部位やその目的によって様々な方法があります。
まず鍛えたい筋肉はどこでしょうか?

人間の筋肉には、骨格筋、平滑筋(内蔵筋)、心筋があります。このうち、腕の筋肉や足の筋肉、腹筋や背筋など、一般に『筋肉』と呼ばれているのは骨格筋で、自分の意思で鍛えることができるのはこの骨格筋だけです。

 また、それぞれの筋肉には、主に瞬間的な力になる速筋(白筋)と、主に持久力の元となる遅筋(赤筋)、これらの中間である中間筋があります。

どの部位のどの種類の筋肉を鍛えたいかによって、筋トレの方法は異なってきます。

 さらに、筋トレの目的はなんでしょうか?

 スポーツ技術の向上のための筋トレ、ダイエットのための筋トレ、健康のための筋トレなどなど、筋トレの目的によっても負荷や方法が異なります。

自己流の筋トレや、目的の異なる他人の筋トレ、昔おぼえた筋トレなどでは逆に筋肉を傷めたり、他の部位の損傷を引き起こしたりする場合があるので注意が必要です。

 車社会の現代では、歩くことが極端に少なくなり、本来あるべきはずの腹筋や背筋がかなり弱っている人が増えています。

これによって骨に負担がかかり、腰痛の原因ともなっています。体を支える大事な筋肉、目的に合わせてしっかりとトレーニングしたいですね。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>




このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。