人それぞれの筋トレ

人それぞれの筋トレ

人それぞれの筋トレ

筋肉や筋力を鍛える筋トレは、鍛えたい部位やその目的によって様々な方法があります。
まず鍛えたい筋肉はどこでしょうか?

人間の筋肉には、骨格筋、平滑筋(内蔵筋)、心筋があります。このうち、腕の筋肉や足の筋肉、腹筋や背筋など、一般に『筋肉』と呼ばれているのは骨格筋で、自分の意思で鍛えることができるのはこの骨格筋だけです。

 また、それぞれの筋肉には、主に瞬間的な力になる速筋(白筋)と、主に持久力の元となる遅筋(赤筋)、これらの中間である中間筋があります。

どの部位のどの種類の筋肉を鍛えたいかによって、筋トレの方法は異なってきます。

 さらに、筋トレの目的はなんでしょうか?

 スポーツ技術の向上のための筋トレ、ダイエットのための筋トレ、健康のための筋トレなどなど、筋トレの目的によっても負荷や方法が異なります。

自己流の筋トレや、目的の異なる他人の筋トレ、昔おぼえた筋トレなどでは逆に筋肉を傷めたり、他の部位の損傷を引き起こしたりする場合があるので注意が必要です。

 車社会の現代では、歩くことが極端に少なくなり、本来あるべきはずの腹筋や背筋がかなり弱っている人が増えています。

これによって骨に負担がかかり、腰痛の原因ともなっています。体を支える大事な筋肉、目的に合わせてしっかりとトレーニングしたいですね。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>




  • サイトマップ