腹筋の筋肉トレーニング

腹筋の筋肉トレーニング

腹筋の筋肉トレーニング

 筋肉トレーニングの定番といえば、腹筋です。たるんだお腹対策にも効果的な上に、美しい姿勢を保つためにも腹筋は不可欠です。

 

 腹筋の筋肉トレーニングは、特別な器具を使わなくてもできるもっとも簡単なトレーニングです。気をつけなければいけないのは、腰や首を痛めないように、腹筋以外の場所に無理な力を入れないということです。

 

 まず仰向けになり、膝を少し曲げるか、椅子の上に起きましょう。

 

 腕は体の横にそえるか、頭の後ろに軽く起きます。

 

 腹筋を意識して、腹筋に力を入れて体を丸めるようにして上体を起こしていきます。完全に体を起こす必要はありません。

 

 このとき、頭に添えた手で体を持ち上げようとすると、首を痛めることになります。体を起こす原動力はあくまでも腹筋であるように、反動をつけたり手で押し上げたりしようとしないよう気をつけましょう。

 

 はじめはできる回数から始めて、だいたい20回前後を2〜3セットおこなうことを目標にしましょう。

 

 わき腹の筋肉トレーニングには、わき腹の筋肉を意識しながらストレッチすることが効果的です。わき腹の筋肉がなかなか意識できない場合には、腹筋運動の際に少しひねりを入れて見ましょう。わき腹に効いてくるはずです。鍛えたい筋肉をしっかり意識して、筋肉トレーニングに励んでください。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ