胸筋の筋肉トレーニング

胸筋の筋肉トレーニング

胸筋の筋肉トレーニング

 胸筋(大胸筋)の筋肉トレーニングは、逞しい胸板を作るための男性的なトレーニングというイメージがあるかもしれませんが、女性にとってもバストアップ効果があり、欠かせない筋肉トレーニングです。

 

 余分なお肉を消費してバストアップを目指したいときには、膝をついた腕立て伏せが効果的です。腕立て伏せというと、腕の筋肉トレーニングと思いがちですが、胸筋の筋肉トレーニングでもあるのです。

 

 まず腕立て伏せの体制から膝をつきます。このとき、背筋をしっかり伸ばしましょう。腕は肩幅よりやや広めに、手は指先を少し内側に向けて床につきます。

 

 あとは腕立て伏せの要領で腕を曲げて、伸ばして、の繰り返しですが、伸ばすときに伸ばしきらないほうがより効果的に胸筋を鍛えることができます。

 

 膝を伸ばした通常の腕立て伏せにすれば、もう少し負荷の高い胸筋の筋肉トレーニングになります。

 

 さらに負荷を上げるなら、ベンチに仰向けに横になり、両手でダンベルを持ち上げるダンベルプレスが効果的です。

 

 胸筋の筋肉トレーニングをするときには、しっかりと胸筋が使われていることを感じながらトレーニングすることが大切です。腕の筋肉ばかり疲れる気がするときは、胸筋ではなく腕の筋肉トレーニングになっている可能性があるので気をつけましょう。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ