筋肉トレーニングで鍛えるもの

筋肉トレーニングで鍛えるもの

筋肉トレーニングで鍛えるもの

鍛えることができる人間の筋肉は、腕や足などの骨格筋です。

これらの筋肉は大きく三種類に分けることができます。

 一般的にジムなどでおこなわれる筋肉トレーニングで鍛えられるのは、速筋とよばれる筋肉です。

速筋は瞬間的に強い力を出すことができる筋肉です。速筋に対して遅筋と呼ばれる筋肉があります。

これはマラソンなどに不可欠な筋肉で、速筋がだすような強い力を出すことができないかわりに、長時間にわたって力を出し続けることができる筋肉です。
最後の一つは速筋と遅筋の中間的な筋肉である中間筋です。

 うまれながらに持っている筋肉の、速筋と遅筋の割合は人によって異なります。
しかし筋肉トレーニングの方法によって、自分が望むような割合に変化させることは可能です。

 筋肉トレーニングを効率よく続けて行うことで筋肉を強くすることができますが、忘れてはいけないのが筋肉をつくるためのたんぱく質の摂取です。

たんぱく質がなければ筋肉と作り出すことができないため、いくらまじめに筋肉トレーニングをしても理想の筋肉を形成することは困難です。
ダイエットのために筋肉トレーニングをおこなっている人が陥りやすい罠なので、気をつけましょう。

 また、筋肉は太くて強ければいいというものでもありません。筋肉が生み出す筋力を上手に引き出すことができなければ、意味がありません。
筋肉トレーニングによって、立派な筋肉をつくり、筋力を使いこなせる体になりましょう。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>




  • サイトマップ