背筋の筋肉トレーニング

背筋の筋肉トレーニング

背筋の筋肉トレーニング

 背筋は健康な生活を送るために欠かせない筋肉です。背筋の筋肉トレーニングを怠ると、正しい姿勢を保つことができずに体がバランスを失い、腰を痛める原因ともなりかねません。今の姿勢を美しくするために、またこの先の人生で腰を痛めないようにするためにも、背筋に筋肉トレーニングは欠かせません。

 

 背筋は、背中上部の筋肉(広背筋)と、背中の中央から下側の筋肉(脊柱起立筋)にわけられます。正しく美しい姿勢をキープするためには、脊柱起立筋をトレーニングする必要があります。

 

 まず床に両手両膝をついて四つん這いになります。

 

 ここから、左腕と右足をそれぞれ前方と後方に伸ばして数秒キープします。このとき、腕と足は床と平行になるようにし、目線は前方に定めて背中が丸くならないように気をつけましょう。腕が斜め前から引っ張られ、足は斜め後ろから引っ張られるようなイメージで伸ばすと、背筋が使われている感覚が出てくると思います。

 

 数秒キープのあとは反対の腕と足で同じように背筋の筋肉トレーニングをしましょう。この繰り返しを15回前後、2〜3セットおこなうことが理想的です。

 

 慣れないうちはバランスを崩してしまうかもしれませんが、逆にバランス感覚を養うこともできるので、あきらめずにじっくりと、背筋の筋肉トレーニングに挑みましょう。猫背になると腰や首を痛めてしまうので、背筋の筋肉トレーニング中は姿勢に気をつけてください。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ