大胸筋を鍛えるダンベルフライ

大胸筋を鍛えるダンベルフライ

大胸筋を鍛えるダンベルフライ

 あこがれの細マッチョやソフトマッチョに欠かせないのが、大胸筋のトレーニングです。大胸筋を鍛えるのに最適なのが、ダンベルフライです。ダンベルとベンチ台があればすぐに始められます。

 

 ベンチ台の上に仰向けになり、両手にダンベルを持って真上に上げましょう。このとき、両足は床について、両肩、腰、頭はベンチにしっかりとつけておきます。肘は伸ばしすぎず、少し曲がる程度が理想的です。

 

 肘を曲げながら、円を描くようにダンベルをゆっくりと下げていきます。ダンベルフライでは、肘を伸ばしてしまうと、負荷がかからないだけでなく肘を痛めてしまうことがあるので、伸ばさないようにしましょう。

 

 胸の高さまでダンベルを下ろしたら、再びゆっくりとダンベルを上げていきます。

 

 この動作を15回ほど、3セットおこなうのが理想的です。

 

 ダンベルフライでは、無理に重いダンベルを使うと落としたときに大怪我をしたり、床を傷つけたりする可能性が非常に高いため、ダンベルの重さには気をつけましょう。また、ダンベルフライで重要なのは、ダンベルの重さではありません。いかに正しい姿勢でダンベルフライをおこなうかということが重要です。フォームを崩さず、肩やひじを痛めないように、最適な負荷でダンベルフライに挑戦してみましょう。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ