ベンチプレスでトレーニング

ベンチプレスでトレーニング

ベンチプレスでトレーニング

 ベンチプレスは胸の筋肉を鍛える最強のトレーニング方法です。自分にあった重量のバーベルで、10回前後を1日に2〜3回おこなうのが理想的です。

 

 標準的なベンチプレスでのトレーニングでは、大胸筋と上腕三頭筋、三角筋、つまり胸と腕と肩の筋肉が鍛えられます。バーベルを握る幅を広くすると(ワイドグリップ)、大胸筋の外側をより使うトレーニングになります。逆にバーベルを握る幅を狭くすると(ナローグリップ)、上腕三頭筋をより使うトレーニングになります。

 

 また、大胸筋の上部を集中的にトレーニングしたい場合は、ベンチの頭のほうを少し(35度程度)高くしてベンチプレスをおこないます。逆に大胸筋の下部を集中的にトレーニングしたい場合は、ベンチの頭のほうを少し低くしてベンチプレスをおこないます。ただし一歩間違うと大怪我につながるので注意が必要です。

 

 上腕三頭筋を集中的にトレーニングしたい場合は、バーベルを下ろす距離を半分にしたり4分の1程度にしたりしてトレーニングします。このトレーニングでは上腕三頭筋が主に鍛えられるため、ベンチプレス本来の目的である大胸筋はほとんど鍛えられません。

 

 トレーニングしたい部位にあわせて、効率的なベンチプレスをおこないましょう。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ