ヒンズースクワットのトレーニング方法

ヒンズースクワットのトレーニング方法

ヒンズースクワットのトレーニング方法

 スクワットはウエイトトレーニングの基本的な種目の一つで、直立した状態から膝関節の屈曲・伸展を繰り返す運動です。下半身、特に大腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・中臀筋などの筋力アップ、筋肥大に大きな効果を持ちます。


 このスクワットは「下半身運動の王様」とも呼ばれる基本中の基本運動であり、多彩なバリエーションを持つ運動です。ヒンズースクワットは、自身の体重で行なうノーマルなスクワットで、爪先立ちになり、腕を振り上げて反動をつけながら行うスクワットです。
 

やり方としては、
【1】リラックスして直立し、両足を肩幅程度に開きます。頭をまっすぐにして、両手は頭の後ろで組みます。
【2】バランスを保ちつつ、息を吸いながらそのまま膝を曲げて腰を落とします。このとき、上体はできる限りまっすぐに伸ばし、背骨のアーチを意識するようにします。猫背になると腰などの故障の原因になるので注意しましょう。
【3】太腿と床が平行になるところまで腰を落とし、できればそのまま1秒程度キープしたのち、息を吐きながら腰を上げます。
 


 一回の動作にかける適切な時間は運動目的によりさまざまです。あまり急激な動作は、膝の靭帯などに損傷を与える可能性があります。


 また、深く腰を落とすスクワットのとき、足首の固い人の場合は、かかとが地面から浮き上がってしまうことがあります。これはアキレス腱などに過剰な負荷をかけてしまうので、ダンベルプレートなどを敷いて、その上にかかとを乗せるようにして行うといいでしょう。



<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ