大胸筋の下部を筋トレ

大胸筋の下部を筋トレ

大胸筋の下部を筋トレ

 胸の下部に厚みをつけたいなら、「ディクライン・ダンベルフライ」のトレーニングを行いましょう。

 まず、ディクラインベンチ(頭が下になるように傾斜をつけたベンチ)に仰向けに寝ます。手のひらを内側に向けて両手にダンベルを持ち、ひじを曲げて外側に開きます。前腕は床に対して垂直
を保ちます。

 胸の上(ろっ骨よりこぶし一つ分だけ下あたりを目安にする)あたりを目指して、円を描くようにダンベルを天井のほうへ持ち上げていきます。前腕は、床に対してずっと垂直を保ち続けるよう
にします。

 ポイントは腕の動きです。フィニッシュで腕を閉じすぎたり、位置がお腹の上になっていたりしていないか注意しましょう。前腕が床に対して垂直になっているかどうかも大切です。腕の角度を変えてしまうと、負荷がかかる部分が変わってしまいます。

 ディクラインベンチで体に傾きをつけるのは、大胸筋の下部への負荷を大きくするためです。同
じ動きをフラットベンチで行うと、大胸筋全体を鍛えるトレーニングになります。

 ディクラインベンチを使えない場合には、「ベントニー・プッシュアップ」のトレーニングをしましょう。

 

 床にひざをつき、体を前に傾けてバランスボールに胸を乗せ、両手をついて体を支えます。ひじは外側へ開き、指先も外へ向けます。

 床に対して垂直にバランスボールを押し付け、体を持ち上げます。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ