大胸筋の鍛え方

大胸筋の鍛え方

大胸筋の鍛え方

 ウエイトトレーニングといえば、バーベルベンチプレスに代表されるような大胸筋のトレーニングをイメージする人も多いはず。このイメージはそんなに的外れな考えではなく、大胸筋のトレーニングをきちんと正確にすれば、上半身の半分近くは鍛えられると言われるほどです。

 胸の筋肉といえば、大胸筋、小胸筋、胸膜筋などがありますが、これらの胸の筋肉は、肩甲骨や鎖骨、上腕骨などの動きとも密接な関係を持っているのです。

 腕が円を描く投球のような腕を大きく振り回す動作、ランニングの腕振り動作、水泳のクロール、テニスのスマッシュ、バレーボールのスパイク、それから腕を外側に向かって引き付けるという動作にも大胸筋が大きく関わっています。

 この重要な大胸筋全体に効果があるトレーニングが「ベンチプレス」です。中でもダンベルを使うと、バーベルよりさらに可動域が大きくなり、筋肉の大きな発達が可能になります。

 ひじを引き、ダンベルを胸の横に引き付け、まっすぐに上げたら、ゆっくりと戻す。その動作の繰り返しです。

 これはバーベルと違って、筋力の弱い人や女性にも向いています。

 手首の弱い人は、ダンベルを床と平行にするのではなく、ダンベルの内側を下げ気味にすると、より無理なくできることでしょう。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ