大胸筋のストレッチ

大胸筋のストレッチ

大胸筋のストレッチ

 ストレッチングとは、伸長運動によって筋肉を伸展させることで、筋肉ばかりでなく腱やじん帯、関節なども伸びやかにするとともに、動きによって生じる痛みや障害を予防することを目的としています。
 
 ストレッチングにはいろいろな効果がありますが、大きくは次の3点だといえるでしょう。

【1】柔軟性の向上
 筋肉の柔軟性が失われると、関節の動きの範囲を狭めてしまいます。そうなると、わずかな姿勢の変化や力の入れ方でも筋や関節に大きな負担がかかり、傷害に結びつきます。

 スポーツばかりでなく、日常の動作でも、無理な姿勢を強いられたり、瞬間的に体の一部に大きな力がかかったりすることがありますが、こうしたときに筋が柔らかくしなやかでないと思わぬ事故に結びつきます。

 ストレッチングには、こうした傷害から身を守る効果があります。

【2】リラクゼーション効果
 心理的に緊張すると体に力が入ります。体の緊張をとくことで気持ちもほぐれます。筋や腱がリラックスすると血行がよくなり、新鮮な酸素や栄養が運ばれ、疲労回復も進みます。

【3】神経伝達の向上
 筋肉を伸ばすと神経の伝達がよくなります。

 大胸筋は体の前面にある筋肉ですが、疲労やコリなどの自覚がないのが特徴です。しかしこの大胸筋のコリが、肩こりや首の痛み腰痛の引き金となっていることがあります。呼吸や内臓機能の低下にも関係していることがあります。

 この大胸筋をストレッチングすることで、姿勢がよくなり、首のこりや肩こりが簡単に改善される場合があります。斜角筋症候群・小胸筋症候群・肋鎖症候群、猫背・腕のしびれ・だるさ・首のこり・肩こりがある場合に効果があることがあります。リンパの流れも良くなるのでお肌のトラブル改善やくすみ肌にも効果があります。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ