大胸筋のトレーニング

大胸筋のトレーニング

大胸筋のトレーニング

 胸の筋肉バランスを整えたいなら「ダンベルプルオーバー」が効果的です。これは、前後の動きで大胸筋を刺激し、胸全体をバランスよく鍛えるトレーニングです。胸板の厚みを増して、形を整えていく効果があります。

 まず、横向きにしたベンチに背中を当てて仰向けになります。ダンベルを両手で持ち、ダンベルを頭の上から胸の上へと動かしていきます。ひじは軽く曲げておきます。

 このときに大切なのは、ひじを軽く曲げた状態を保つことです。腕を曲げ伸ばしすると腕の筋肉に負荷がかかってしまい、大胸筋を効果的に鍛えることができなくなってしまいます。そのためには、ひじの関節をロックし、胸の筋肉を意識することが大切です。

 次に、ダンベルを胸の上に向かってゆっくりと動かします。腕は曲げ伸ばしせず、ひじの角度を保ちます。上腕が床に対して垂直になる直前でフィニッシュします。

 このトレーニングのポイントは、背中をそらしたりせず、ベンチにつけるということです。腹筋の力を使ってダンベルを持ち上げたり、背中が反ってベンチから浮いた状態にならないようにしましょう。

 このトレーニングの応用として、片側ずつ鍛える「ワンアーム・ダンベルプルオーバー」というトレーニングもあります。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ