三角筋の位置

三角筋の位置

三角筋の位置

 肩を持ち上げる筋肉肩関節の部分に覆いかぶさるように存在しているのが「三角筋」です。 「鎖骨」「肩峰」「肩甲棘」の三箇所から伸び、大腿骨へと被さります。

 三角筋は肩の運動の多くに関わるとても重要な筋肉で 「外転」「内旋」「外旋」「屈曲」「伸展」全てに関わります。腕の筋肉 というとどうしても上腕筋が注目されがちですが、実はとても重要な筋肉なのです。

 強化の中心は三角筋で、筋肉の前後、横、中央部をそれぞれトレーニングする必要があります。肩関節の可動範囲は非常に大きく、補助筋は普通、僧帽筋と上腕三頭筋ですが、上腕二頭筋が働く運動もあります。

 肩のトレーニング種目は、プレス系とレイズ系にほぼ大別されます。

 プレスとは、押す、押し上げることで、ウエイトトレーニングでは負荷を腕や足で押し上げたり押し離したりする動作を指します。

 レイズとは、上げる、持ち上げるという意味で、基本的にはその部位の自然体から持ち上げる動作を指します。

 プレス系の補助筋は上腕三頭筋が主力で、レイズ系の補助筋は僧帽筋が主力となります。そのほか、僧帽筋のほぼ単独運動となるシュラッグがあります。

 種目のメインがプレス系なので、上腕三頭筋を補助筋として多用する結果、本来の目的である肩の筋肉よりも先に上腕三頭筋が疲労してしまい、肩のトレーニングを完了できないケースも起こります。いろいろな系列の種目を、うまく組み合わせる必要があります。

 肩関節は可動範囲が広いため、さまざまな種目を採用することによって、三角筋に多方向から刺激を与えることができます。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ