三角筋上部と上腕三頭筋の筋トレ

三角筋上部と上腕三頭筋の筋トレ

三角筋上部と上腕三頭筋の筋トレ

 「スタンディング・ダンベルプレス」は、三角筋の中部と上腕三頭筋を同時に刺激するトレーニングです。

 まず、足を肩幅に開いて立ち、手のひらを内側に向けて両手にそれぞれダンベルを持ちます。腕を横方向に開いてひじを曲げ、前腕を床に対して垂直にします。

 そして、左右同時にダンベルを天井へ向けて押し上げていきます。前腕は常に床に対して垂直に保つようにします。ひじが伸び切る直前でフィニッシュしましょう。このとき、腰を反らさないように注意しましょう。

 このトレーニングを、12〜15RM(RMとはその回数で限界になる負荷のこと。12回で限界になるのが3kgであれば、3kgが12RMとなります)の負荷で、12〜15回を1セットとして3セット行います。

 腕は体の真横に開き、床に対して垂直に保つのがポイントです。腕が体より後ろになったり、体より前になったりしないようにしましょう。 

 このトレーニングの応用として、ベンチなどに座り、手のひらを正面に向けて両手にダンベルを持ち、スタンディング・ダンベルプレスと同じ働きをすることで、上腕三頭筋と三角筋の前部を鍛えることができます。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ