上腕二頭筋 鍛え方

上腕二頭筋 鍛え方

上腕二頭筋 鍛え方

 腕は、上腕部と前腕部から成り立っています。この上腕ニ頭筋の発達は男性にとってのあこがれですし、トレーニングをするときには、この上腕ニ頭筋を意識して行うと言っても過言ではない部分でしょう。

 上腕二頭筋は上腕の表面(前面)の筋群を構成していて、物をつかんだり引き付けたりするために使われる重要な筋肉で、日常生活でもよく使われる筋肉です。上腕全体の筋肉のうち上腕二頭筋は約3分の1で、残り3分の2が上腕三頭筋(裏面)です。

 ですから、鍛えるとなると意外と厄介です。頻繁に使われている筋肉というのは、ウエイトトレーニング(筋肉刺激)という視点から見ると、もっともトレーニングが刺激になりにくく、その成果がなかなか出にくいのです。

 それだけに、より正しいトレーニングが必要だと言えるでしょう。 

 上腕ニ頭筋のトレーニングで大切なことは、まず反動を利用しないことです。

 そもそも上腕ニ頭筋は、筋肉としては小さくて、それだけでは大きな力が出せません。それでつい反動を利用してしまいがちなのですが、このようなやり方は上腕ニ頭筋への効率のいい刺激は与えられません。

 もう1つ大切なことは、筋肉の緊張を解かないようにしながら動作を行うということです。

 バーベルを下ろすときも、急に力を抜いてしまわないよう、ウエイトを感じつつゆっくり下ろすようにしましょう。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ