上腕三頭筋の場所

上腕三頭筋の場所

上腕三頭筋の場所

 上腕三頭筋は、上腕の後ろ側、いわゆる肩からひじの部分の後ろ側にあり、「振袖」と呼ばれる部分の筋肉です。 日常生活の中においてそれほど多く使用される頻度の高い筋肉ではないため、加齢と共にだんだん衰えていきますので脂肪がつきやすく、文字通り「振袖状態」となることも多いようです。

 「三頭」が示すとおり、筋頭が三つに分かれ ているのが特徴で、起始は三つに分かれているのに対し、停止部分は一箇所に収束します。

 上腕三頭筋は、腕を伸ばしたり、後ろへ上げたりする際に使われる「伸展」、つまり曲げたひじを伸ばすというのが主な役割で、「伸筋」と呼ばれる筋肉に分類されています。

 「スタンディング・ダンベルプレス」は、三角筋の中部と上腕三頭筋を同時に刺激し、肩から腕をがっちり太くするトレーニングです。

 両手に持ったダンベルを天井のほうへ押し上げる動きを繰り返します。フィニッシュでひじを伸ばしきらず、ダンベルを肩幅より内側に入れないようにすることがポイントです。

 ダンベルが肩の上に来ると、腕の骨が負荷を支えて筋肉が楽になるため、トレーニングの効果が半減してしまうのです。ひじを上にあげたときに、腰を反らさないようにすることも大切です。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ