筋肉肥大トレーニング

筋肉肥大トレーニング

筋肉肥大トレーニング

 人間の体には、400種類もの筋肉と200種類もの骨があり、骨と骨は関節でつながり、骨格を形成しています。

 筋肉は骨と骨との間についているので、筋肉が収縮すると、骨は関節を介して受動的に動かされます。そのため、収縮する筋肉によってさまざまな動きができるのです。

 体を曲げたり伸ばしたり、ねじったり、反らしたり、手首や腕を回したりするなど、これらの動きをさまざまに組み合わせることで複雑な運動が可能になります。

 筋肉を自発的に動かし続けると、筋肉全体に変化が起こります。筋肉が太くなり、筋力が強くなり、筋持久力が増します。これらの目的のために、ある一定の原理・原則に基づいて筋肉を継続的に動かすことが「トレーニング」です。

 筋力、筋持久力など、筋肉のどのような能力が高まるかはトレーニング方法によって決まります。

 筋力を向上させるにはいろいろな手段や方法がありますが、その基本は、筋肉に適当な負荷をかけ、その負荷に対抗する力を自ら出して克服し、負荷を段階的に高めながら、それを継続していく方法です。

 筋肉に負荷をかけ、それを克服していくトレーニングを「ウエイトトレーニング」と言います。

 そして、適当な休養と栄養をとりながら、目的に合わせ、計画性をもって、これらの一連の行為を継続実践していくことを「筋力トレーニング(筋トレ)」と言います。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ