筋トレによる肉体改造

筋トレによる肉体改造

筋トレによる肉体改造

 筋肉は、「筋線維」と呼ばれる糸のように細い組織が集まることによってできています。筋線維は、血管や神経とともに「筋膜」という薄い膜に包まれ、筋膜の両端の腱によって骨とつながっています。

 筋肉(筋線維)には伸び縮みする性質があり、おもに縮むときに力を生み出します。

 筋線維は、縮む速度によって「速筋」「遅筋」「中間筋」の3種類に分けられます。

 縮むのがもっとも速いのが速筋で、これは瞬間的に強い力を発揮するときに使われます。一方、縮むのが遅い遅筋は瞬間的なパワーは弱いのですが、持久力に優れています。

 中間筋は、速筋と遅筋の中間の性質を持っていて、トレーニングによって速筋にも遅筋にも変えていくことができます。

 筋肉には、この3種類の筋線維が一定の割合で混ざり合っているのです。この割合は遺伝的に決まっており、変えることはできません。しかし、トレーニングによってそれぞれの筋線維を太く強くすることは可能です。

 重いウエイトで少ない回数のトレーニングをしていけば速筋、軽いウエイトで多い回数のトレーニングをしていくと遅筋を鍛えるのに役立ちます。瞬発力をつけたい人であれば速筋、持久力をつけたい人は遅筋を、より強くしていけばいいということになります。


<<<効果の出る正しい筋トレ方法を知りたい方はこちらをクリック>>>





  • サイトマップ